メニュー

子どもの頃に
出来なかったこと

森 絵都

作家

子ども時代のあの頃に出来なかったことを綴っていきます。

森 絵都(もり・えと)

1968年東京都生まれ。90年『リズム』で講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー,同作品で椋鳩十児童文学賞を受賞。その後,『宇宙のみなしご』で野間児童文芸新人賞,産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞。『アーモンド入りチョコレートのワルツ』で路傍の石文学賞,『つきのふね』で野間児童文芸賞,『カラフル』で産経児童出版文化賞,『DIVE!!』で小学館児童出版文化賞,『風に舞いあがるビニールシート』で第135回直木賞を受賞。絵本テキストに『ぼくだけのこと』(偕成社),『おどるカツオブシ』(金の星社),『オニたいじ』(金の星社),『希望の牧場』(岩崎書店),近作に『クラスメイツ』(偕成社)など幅広く活躍。

第3回 友達の愛読書

2015.05.28

「うちの子,全然,本を読まないんですよ。どうすればいいんでしょうね」

仕事柄,ときどき,そんな相談を受ける。

そのたびに私は背中を丸めて謝る。

「じつは,私も本を読まない子だったんです」

肩身の狭い話だが,実際,私は読書をしない子どもだった。正確には,小学4年生から高校3年生まで本から遠ざかっていた。

理由はシンプル。外で遊んでいたからだ。

しかし,よくよく記憶をたどってみるに,その間,まったく読書をしていなかったわけでもない。

強烈に印象に残っている本がある。オトフリート=プロイスラーの『大どろぼうホッツェンプロッツ』。小学校高学年の頃,遊びに行った友達の家にその本があったのだ。

友達はその本がいかに面白いかを力説し,実際に私の前で読み返しては,げらげらとお腹をよじって笑った。本好きでなかった私ですらも強烈な誘惑に駆られるほどに。

読みたい。しかし,なぜだかそのとき,私は素直に「その本,貸して」と言うことができなかった。友達も自ら「貸してあげる」とは言わなかった。お気にいりの本だったのだ。

そこで,私は母親に頼んでお金をもらい,本屋へ自転車を走らせた。あんなに夢中で本を探し求めたのも,あんなに夢中でそれを貪り読んだのも,生まれて初めてだった。

中学時代もまた別の友達から影響をうけた。

その子が放課後のたびに図書室へ通っているのを私は知っていた。どうやら長いシリーズにはまっているらしい。それほど図書室へ通いつめるなんて,一体どんな本なのか。

このときも私はやはり「なんて本?」と尋ねることができず,放課後,こっそり彼女のあとをつけて,そのタイトルをつきとめた。

松谷みよ子の『ちいさいモモちゃん』シリーズだった。友達の影を追うように,私がその物語世界へ引きこまれていったのは言うまでもない。

「ご両親が楽しそうに読書をしていれば,子どもも自然と本をめくってみたくなるかもしれませんよ」

ときどき,子どもの読書嫌いを嘆いているお母さんに,そんな言葉をかけたりもする。

でも,本当は,友達が一番だ。

愛読書は,日頃そばにいる友達の別の一面を垣間見せてくれる。

彼女たちが胸の深くに秘めている世界。その愛しい住人たち。

だからこそ,子ども時代の私はまっすぐそれを問うことがはばかられ,だからこそ,こっそり知りたかったのかもしれない。