メニュー

空を見上げてみよう

中学校国語1年

教材「空を見上げて」

作者の山中勉さんが各地で行っている出前授業の様子や,生徒が紡いだ五・七・五の言葉をご紹介します。

第8回 女川中学校からみなさまへの
メッセージをお預かりしました

2020.02.05

11月26日(火)に,女川中学校を訪問して,宇宙俳句創りを楽しみました。震災直後の5月からスタートした宇宙俳句づくりも,おかげさまで19回目を迎えることができました。朝の全員集会では,国内外の中学校19の中学校と1つの小学校から,2000を超える作品(女川への想い)をお寄せいただけたことを,学校名とともにお伝えしました。また,みなさまの作品を収録したDVDを女川中学校の校長先生にお渡ししました。女川中学校からは,「星友」が2000名もできたことへの感謝の印として,みなさまに宛てたお礼の集合写真(「絆」~ありがとう~)をお預かりしました。ご披露させていただきます。

全員集会の後,いつもと同じように,今の気持ちを宇宙俳句づくり(五七五調の一行詩)に取り組みました。国語科の先生,担任の先生も参加され,楽しい会話も交わされました。今回はどんな名作がうまれたのでしょうか?

作例は以下からご覧いただけます。

女川中学校 令和元年11月の気持ちから(244KB)

みなさまから応援をいただけたことに感謝する句も多く詠まれました。言葉の力をあらためて感じました。

星友よ 共に歩もう 未来へと

ありがとう 感謝あふれる 心かな

県を超え つながる詩(うた)に ありがとう

三小さん 女川知って ありがとう!

<連句創りにご応募いただいた皆様へのヒント>
今回の作例から,気にいった句を選び,皆さんが創作した連句(第1句,第2句)に続く第3句にしてみてはどうでしょうか? それに続く第4句を創作してみてはどうでしょうか?

みなさんの教室でも星に届ける言葉を紡ぎませんか?

宇宙俳句や連句を授業で創作し,電子データ(PDF)でお送りください。メモリーカードに収録し,来年の春ごろに打ち上げが計画されている「こうのとり」宇宙船9号機・H2Bロケットに搭載し,世界中から容易に目視できる星に打ち上げます。生徒のコトバを星に届けるお手伝いをさせていただきます。国際宇宙ステーション,こうのとり宇宙船,H2Bロケットの製造に参加している(株)IHIの協力により無償で打上げます。星に届ける作品ならば何でも結構です。進級記念,卒業記念,地球人の誓い,星への手紙も歓迎します。

受け付けはメールで行います。件名は「空を見上げて」とし,作品を添付のうえ,本文にメッセージ(任意),必要事項(学校名,学校のご住所,担当者様のご連絡先)を記載し,下記アドレスにお送りください。締め切りは2020年2月28日(金)必着とさせていただきます。

光村図書出版 第四編集部 広報課
E-Mail:koho@mitsumura-tosho.co.jp

山中勉(やまなか・つとむ)

1958年,東京都生まれ。宇宙航空システムエンジニア。(株)IHIエアロスペースにて宇宙航空事業や国際宇宙ステーション(ISS)の一般利用を発案し実証。宇宙航空研究開発機構(JAXA)主幹研究員,日本宇宙フォーラム主任研究員を経て,2013年より(株)IHIで社会貢献活動としてISSを利用した学校授業を共創している。東日本大震災では宮城県女川町や各地の学校での出前授業を行い,五・七・五の言葉などの作品をISSに届ける活動を続けている。