メニュー

赤木かん子の読書Q&A

学校図書館(実技編)

大きなポスターにカバーをかける

今月は大きなポスターに糊つきビニールカバーをかけるやりかたです。

1 写真1 ポスターなど大きいものにカバーする場合,のりつきビニールカバーの幅ではカバーできないよね。でも少しずつ重ね合わせて何枚か組み合わせれば大丈夫!
2 写真2 まずその紙が乗るだけの大きな机を用意します。それをきれいに拭きます。
3 写真3 本と同じに端を三角にはがします。
4 写真4 ポスターを机にはりつけてしまうようにはります。でも本気で貼りつけないでね。すぐはがすんだから。

※上下に組み合わせる場合は必ず下から先にかけてください。でないとつなぎ目に上から降ってくるゴミがたまっちゃうからね!
5 写真5 貼れたら剥がしてひっくり返し,切れ目をいれてはりつけます。

※コーナーはこのくらいの分量なら切らずに折ってしまってもかまいません。強度も増します。
6 写真6 つなぎ目も目立たずきれいにできました!

ちなみに,前回やったように裏打ちのパネルを先に貼る方法も,カバーをして後から貼る方法もあります。例えば期間限定のポスターなどは,後から裏打ちしたほうがすぐに取り替えられて便利だよね。

この「あいうえお表」は,『ポプラディア』をひくために,左から右に進むようにつくりました。ですから「百科事典」の近くに貼ってください。小学校だったら百科事典はカウンター置きの場合が多いでしょうから,カウンターの下に貼っても可愛いですよ!

他に身長計や生きもの分類表,世界地図,日本地図,おはなしめいろなど,大きなポスターがいろいろあります。埼玉福祉会で扱ってもらってますので,活用してくださいね。

ページ先頭へ戻る