メニュー

ベスト・エッセイ2012

好評発売中

ベスト・エッセイ2012【現在品切れ中】

日本文藝家協会編 
編纂委員/角田光代,林 真理子,藤沢 周,町田 康,三浦しをん

定価:本体2,000円+税 / 四六判 / ISBN978-4-89528-669-5

エッセイの底力,エッセイを読むことの楽しさが,この本に詰まっている。まさにいいとこ取りの,ベストを集めた一冊。
―本書編纂委員 林 真理子―

2011年に新聞などに発表されたエッセイから,読み応えのある77編を厳選。2011年を振り返ることができる,多彩な執筆陣の珠玉のエッセイ集です。

収録作品&筆者

こそそめスープ 村田沙耶香
国境を越える眉毛 冲方 丁
1991年に生まれた君へ 重松 清
誰かにふいに話したいこと(晩年編) 津村記久子
うつりゆく東北弁 中村彰彦
甦ったこころ 高橋克彦
聖 ヴェロニカの花に祈る 姫野カオルコ
相づちを打つこと,打たないこと 鷲田清一
大きな分母の無責任 黒井千次
この夏出会った人生 大竹しのぶ
ムラがある 穂村 弘
結婚 酒井順子
藤沢 周
う・さぎの話 伊坂幸太郎
からだがだんだん遠くなる 稲葉真弓
指先の記憶 堀江敏幸
時間を食べる 蜂飼 耳
目標文化をもたない言語 内田 樹
歌謡曲は哲学である 山内志朗
書くほどに猛暑猛暑と墨のあと。 伊藤比呂美
詩歌の賞味期限 佐佐木幸綱
雪の音 錦 仁
筆のこと 平田俊子
桜散る 辻井 喬
古井由吉
非生産的逃避 角田光代
柿渋と腸捻転 坪内稔典
太陽になった平成の女たち 瀬戸内寂聴
温度差を理由とせずに 池澤夏樹
ネンネコ 佐藤愛子
幼児の泣き声は縁起物 出久根達郎
失せ物落し物 伊藤 礼
才能 岸本佐知子
嘆きの唐獅子 中島誠之助
醜文の弊害 西村賢太
仔猫と旅人 星野博美
わが友 北杜夫さんを悼む 加賀乙彦
入れ歯と罌粟の花 辺見じゅん
法規を振り回さない 町田 康
ブリゾーニ 朝吹真理子
神田 別役 実
“草枕”ふう“癌枕” 早坂 暁
枯れ葉と「高校生」と私 津島佑子
置きざりにされた記憶 辺見 庸
蘆江の鞭 北村 薫
アポロン忌 中沢けい
私の「トイレの神様」 和合亮一
探検家の憂鬱 角幡唯介
オクナイサマが手伝ってくれるから大丈夫 小川洋子
SFの巨星 小松左京さんを悼む 筒井康隆
儀式的な 北方謙三
そうめんのマナー 三浦しをん
審判さんがんばって 青山七恵
スランプってさあ,と少年は言った 沢木耕太郎
沈黙の後,生まれる表現 リービ英雄
黒豆と高野豆腐 髙樹のぶ子
酒とともにあった 野坂昭如
炎といた夏 東 理夫
からだのともだちはこころです 村田喜代子
「得」は「徳」に通じる 市川森一
くりかえす 山田太一
スケッチブックから 中野 翠
梅棹さんの酒 石毛直道
幸福な朝 森 絵都
盆地の葡萄棚 心地よい光と風 林 真理子
中空に宙ぶらりん 川本三郎
消しゴムの雲 萩原朔美
心に染みた,すき焼きの味 鈴木おさむ
生きづらさから卒業する 窪 美澄
12471 前田司郎
老後ナックル ねじめ正一
心にシーンが増えていく 三宮麻由子
一期一会 東野光生
見えない蝉 光森裕樹
しあわせ ベンチ 津村節子
万灯 連城三紀彦
人生の終わりの「一曲」 亀山郁夫

ご購入のご案内

全国の書店または以下のオンライン書店からご購入いただけます。

※外部のウェブサイトが開きます。

※書店によっては取り扱いのない場合がございます。あらかじめご了承ください。