メニュー

ベスト・エッセイ2017

ベスト・エッセイ2017

ベスト・エッセイ2017

日本文藝家協会編
編纂委員/角田光代,林 真理子,藤沢 周,町田 康,三浦しをん

定価:本体2,000円+税 / 四六判 / ISBN978-4-8138-0002-6

エッセイの名人たちの手にかかると,2016年はこんなに面白い年だったのか。
―本書編纂委員 林 真理子

2016年に新聞や雑誌などに発表された数多くのエッセイの中から,75編を厳選しました。さまざまなジャンルの書き手たちがえがく,日常生活から切り取った機知に富んだ随想,意見文,そして2016年に亡くなられたあの方に捧げる一文など,珠玉のエッセイ群をどうぞご堪能ください。

収録作品&筆者

星と星のつながり アーサー・ビナード
クリスマスの路上で 青山七恵
神様と友達 阿川佐和子
S先生のクラス あまんきみこ
専門家の努力あってこそ 池澤夏樹
あれが津島佑子さん 伊藤比呂美
揚げもの 井上 都
照れる人 永 麻理
散歩で勝った喜び 蛭子能収
若き含羞の人たち 岡野弘彦
不完全な言葉 小川洋子
自然と仕事 奥本大三郎
畑ちがい,50年来の友だった 加賀乙彦
運動音痴の私はマラソンに向いていた 角田光代
塗り椀の卵 微妙に重い 片岡義男
伊藤桂一さんを悼む 勝又 浩
翻訳家というのは…… 金原瑞人
老成と円熟,華やぎ 川村 湊
カバディ性 岸本佐知子
中央フリーウェイの富士山 金田一秀穂
寝言に返事はいりません 工藤美代子
クリオネ事件 黒木 渚
「夢中毒」から立ち直る 小島慶子
夜明けのタクシー 佐々涼子
勝負師のスパイス 佐藤 究
美しい声とは 三宮麻由子
旅先の本 椎名 誠
蜷川先生を悼む 重本恵津子
サービスする側も人間 柴崎友香
猿の幸せ 柴田元幸
包丁の思い出 しまおまほ
海月と花火 下重暁子
名前を覚えられない人のための社交術 辛酸なめ子
シジュウカラにも言語があった 鈴木俊貴
名文とは 瀬戸内寂聴
ぼくたちには弱さが必要なんだ,ということ 高橋源一郎
少数派の独り言 髙村 薫
鼻毛に背負わせすぎ 武田砂鉄
生きるために壁を越える 竹宮惠子
黙って死ねない蟬 司 修
「言葉以前」の人々のように 寺尾紗穂
女流から女性へ 中沢けい
出版不況と言うのをやめませんか運動 中村文則
10日間のパリ 野見山暁治
100人100色の痛快なカタルシス 萩原健太
エスカレーター問題の解 橋本幸士
書く技法 二つの仮名生む 馬場 基
おばさん 林 真理子
まずいものの「ま」 原田ひ香
選挙に行こう 東山彰良
昼下がりの「ぬき」 久間十義
「食べる」に何が起こった!? 姫野カオルコ
明治の廃道が好き 平沼義之
微妙なズレも,また妙味 平松洋子
美の起源 生命と結びつく青 福岡伸一
叡智 藤沢 周
検索 藤野可織
ごはんは食べたか? 星野博美
世代の限界 穂村 弘
環状に読む 堀江敏幸
笑い 暴論 ライブ感 ふぎゃあ 町田 康
脳でも旨い 人文学的知性 松木武彦
田部井さんの死を悼む 三浦豪太
抜歯涅槃図 三浦しをん
破滅型クライマーの独白 宮城公博
ゴジラよ,瞑れ 村田喜代子
「いやいやいや」のよこばい 村松友視
はな子,親父をよろしく 山川宏治
食べてさえいれば 山田詠美
役に真摯に向き合い 行定 勲
意識とデジタル 養老孟司
「三」の効用 吉田篤弘
最後の下宿屋 リービ英雄
虚旅 ワクサカソウヘイ
マグロの真実 渡辺佑基

ご購入のご案内

全国の書店または以下のオンライン書店からご購入いただけます。

※ポップアップで開きます。

※書店によっては取り扱いのない場合がございます。あらかじめご了承ください。