メニュー

ベスト・エッセイ2021

ベスト・エッセイ2021

ベスト・エッセイ2021

日本文藝家協会 編
編纂委員 / 角田光代、林 真理子、藤沢 周、堀江敏幸、町田 康、三浦しをん

定価:1,980円 / 四六判 / 2021年8月27日発行 / ベスト・エッセイ / ISBN978-4-8138-0370-6

大きく変わった暮らしのなかで、
それでも私たちは喜びや悲しみや笑いを
胸に抱いて生きている。
変わったことと変わらないことを、
真空パックみたいに
新鮮なまま詰めた一冊になりました。
――本書編纂委員 三浦しをん

新型コロナウイルスの蔓延という、未曽有の災禍のさなか、さまざまな書き手たちはどんなことを考えていたのだろう。そして「エッセイ」という枠組みのなかで、どんなことを書き記そうとしたのだろう。
2020年に新聞・雑誌等に発表された中から選りすぐった、エッセイのアンソロジー。自粛疲れの心身を、やさしく癒してくれる珠玉の77篇です!

カバー画:げみ

収録作品&筆者

ことばの来し方 青木奈緖
金一封 彬子女王
一休和尚の教え 秋山 仁
空腹感も分からない 朝倉かすみ
ごちそうさま 浅田次郎
街に人が集まる理由 荒俣 宏
人間を「機械」にする罠 伊藤亜紗
最後まで「前衛」の歌人 伊藤一彦
オンライン授業 事始め 伊藤比呂美
物語爆弾のしわざ 井上荒野
葡萄の葉からもれる日 岩阪恵子
旅の道連れに幸あれ 岩松 了
旅の病 宇佐見りん
おまじないスカート おーなり由子
天井から 大森静佳
「第九」再び抱き合えるか 岡田暁生
探検のできない夏 岡村 隆
うたびとの業 小佐野 彈
呪いの小石 小山田浩子
自分なり 角田光代
ラーメンよりキビヤが食いたい 角幡唯介
生産性のない読書 柏木 博
海を隔てバズった母 岸田奈美
キノコのスープ 岸本佐知子
よねー予想 北大路公子
さつき 時間の名前 金田一秀穂
歳月に与えられたもの 黒井千次
抱擁 小池昌代
最期まで 語り続けた彼 小池真理子
長靴と青春の旅立ち 小暮夕紀子
演じる笑いにこだわり 西条 昇
リモートで、さようなら 最相葉月
時計草に思う 佐伯一麦
ひとりぼっちにさせへん 佐伯啓思
むき出し嫌い 酒井順子
砂の城と子どもの心 佐々木 閑
栞と山椒魚 佐藤雅彦
坪内祐三さんを悼む 重松 清
生死不明 島田雅彦
老衰の朝な朝な 瀬戸内寂聴
犬と散歩をした話 高瀬隼子
くくられる「夜の街」 抜け落ちる何か 俵 万智
スロー・リーディング 旦 敬介
書棚に関する回想から 月村了衛
七輪大会 出久根達郎
遠野 遥
「映画の父」の温かさ 中江有里
社長ですか? 長嶋 有
代本板とZoom 永田 紅
姉妹からの教訓 林 真理子
人生最後のステージに立って 久田 恵
マイカー三昧 平岩弓枝
感じて動く読書法 広瀬浩二郎
心は自由 ふくだももこ
真心、なるもの 藤沢 周
南の島のよくウナギ釣る旧石器人 藤田祐樹
一杯一杯 藤原正彦
「愛は無償」と値切るな ブレイディみかこ
戦争のために生まれた世代 保阪正康
小説を書いてみては 星野智幸
意外なチェックポイント 穂村 弘
美しく逢うこと 堀江敏幸
山椒魚は悲しんだ 堀川惠子
正しいけど全部間違ってる 町田 康
踏破されぬ「巨大な山脈」 丸尾 聡
和牛への道 三浦しをん
台湾の思い出 宮内勝典
哀しい自慢とアルファロメオ 宮沢章夫
名実況の効果 宮田珠己
雨雨雨雨雨雨 村田喜代子
さすらいのママから谷根千BARへ 森 まゆみ
ジョーこそが文学 心撃ち抜かれた 矢作俊彦
長寿梨 山﨑修平
新品か中古品か ヤマザキマリ
男の死 横尾忠則
真っ白な大きな紙 吉田篤弘
逆説で語り続けた〈自由〉 鷲田清一

ご購入のご案内

全国の書店または以下のオンライン書店からご購入いただけます。

※外部のウェブサイトが開きます。

※書店によっては取り扱いのない場合がございます。あらかじめご了承ください。