メニュー

ベスト・エッセイ2022

ベスト・エッセイ2022

ベスト・エッセイ2022

日本文藝家協会 編
角田光代、林真理子、藤沢周、堀江敏幸、町田康、三浦しをん

定価:2,200円 / 四六判 / 2022年8月5日発行 / ベスト・エッセイ / ISBN978-4-8138-0414-7

コロナ禍の中、表現者たちは、いったい何を見つめ、
何を考えていたのだろうか。
この本を読むと2021年の空気が伝わってくる。
苦しいことだけではない。喜びやユーモアが、
洗練された文章で綴られている。
日本語の美しさも感じとってほしい。
――本書編纂委員 林 真理子

日々の雑感、考察、失敗談から、亡くなられたあの方への追悼文まで…
さまざまな書き手たちが、「エッセイ」という枠組みのなかで書き記した2021年の記録。
この年に新聞・雑誌等の媒体に発表された中から選りすぐった、珠玉のアンソロジーです。

カバー画:ミロコマチコ

収録作品&筆者

息子よ安心しなさい、あなたの親指は天国で花となり咲いている 青木耕平
トーストと産業革命 青山文平
月みる月は 彬子女王
我が町の「宝」 井上理津子
「あいつなりに筋は通ってるんだ」 岩松 了
犬の建前 宇佐見りん
内田洋子
そんな時代 海猫沢めろん
安野光雅さんを悼む 大矢鞆音
ともに歩けば 小川さやか
ナマケモノ 奥本大三郎
神様、世間様 尾崎世界観
ネガティブな皆さんへ 尾上松緑
料理 小山田浩子
「声」分かち合う喜び 温又柔
それは私の夢だった 角田光代
大人への扉を開けたのは 加納愛子
アイヌとして生きる 川上容子
失われゆく昭和探して 川本三郎
考えることに失敗する 神林長平
ガラスのこころ 岸田奈美
雪原 岸本佐知子
"諦められない"心でアイヌ語研究に熱中 金田一秀穂
田中邦衛さんを悼む 倉本 聰
機械はしない 終業挨拶 黒井千次
月の沙漠 小池水音
佃煮に想う 小泉武夫
陰のある光 小泉 凡
関係性の結晶 齋藤陽道
「すごい」と「やばい」 酒井順子
河合雅雄さんを悼む 佐倉 統
この世の通路 佐々涼子
愚かさが導いてくれた道 沢木耕太郎
最後の飛翔 椹木野衣
「覚えられない」 茂山千之丞
UFO 柴田一成
父と兄の書棚が招いた変な読書 志茂田景樹
愛しの小松政夫さん 鈴木 聡
落合博満への緊張感 鈴木忠平
おじいさんの空き地 瀬尾夏美
那須正幹さんを悼む 高樹のぶ子
『老人と海』をめぐる恋 高見 浩
夢を彷徨う 髙村 薫
部屋にいる感じ 武田砂鉄
最高の食事 田中卓志
白土三平さんを悼む 田中優子
クールでお茶目なかっこよさ 谷 慶子
さいとう・たかをさんの思い出 辻 真先
悪態俳句のススメ 夏井いつき
特に秘密、ありません 二宮敦人
瀬戸内寂聴さんを悼む 林 真理子
親父の枕元 原田宗典
遠き花 藤沢 周
珠玉の世界 ブレイディみかこ
「やめた」後の達成感 ほしよりこ
祖父母のすずらん守る 星野博美
あそこの棚に置いてある。 堀江敏幸
(笑)わない作家 万城目 学
多分、両方だと思いますよ 町田 康
写真を撮られるということ 松浦寿輝
エリック・カールさんを悼む 松本 猛
脳内ドイツ マライ・メントライン
学園の平和、取り戻せ! みうらじゅん
忘れがたきご亭主 三浦しをん
冷水を浴びせる―坂上弘の文体 三浦雅士
翻訳とは 村井理子
閉、じ、こ、も、り 村田喜代子
コロナ禍 社会と密になった 本谷有希子
立花隆さんを悼む 柳田邦男
学び始める春 失敗を楽しむ 山本貴光
胃袋の飛地 湯澤規子
死も遊びだと思いましょ 横尾忠則
ロクな恋 李琴峰
心の扉を開く言葉 寮 美千子
いつか「コロナ福」だったと言える日 鷲田清一

ご購入のご案内

全国の書店または以下のオンライン書店からご購入いただけます。

※外部のウェブサイトが開きます。

※書店によっては取り扱いのない場合がございます。あらかじめご了承ください。