メニュー

ベスト・エッセイ2016

ベスト・エッセイ2016

ベスト・エッセイ2016

日本文藝家協会編

編纂委員/角田光代,林 真理子,藤沢 周,町田 康,三浦しをん

定価:本体2,000円+税 / 四六判 / ISBN978-4-89528-982-5

さまざまなひとの,一年間の笑いや涙が,この本に詰まっています。
こういう一年が積み重なって,「未来」になるんだなあと実感できるし,
いざ未来になったときに読み返せば、「そうそう,こういう一年だった」と,
「過去」へ思いを馳せる道しるべにもなるでしょう。
未来と過去を内包した「現在」を,本書を通してぜひお楽しみください。
―本書編纂委員 三浦しをん―

2015年に新聞などに発表された数多くのエッセイの中から,読み応えのある77編を厳選しました。日常生活の機微を切り取った珠玉のエッセイを,どうぞお楽しみください。

収録作品&筆者

夏裁判 朝井リョウ
師父 浅田次郎
ご縁とは あさのあつこ
しゃっくりり,, 朝吹真理子
小説家の性と千年の嘘 阿刀田 高
「希少なる存在」の意味 荒俣 宏
“しもおれ”仲間 池内 紀
祖母のこと 伊坂幸太郎
1840年 豪農の豪華な旅 磯田道史
言葉も馴化する 五木寛之
流れていく死 井上荒野
「猿,かわいいね」 岩松 了
良きライバル 熱きおっちゃん 大沢在昌
怪! 関係代名詞文体 大城立裕
ヤモリとラブ 小川洋子
先に答えを見つける 荻世いをら
すぐそばの遙かなる地 奥田亜希子
蛸の吸盤 奥本大三郎
習慣のつくり方 長田 弘
春の調理 小山田浩子
つらいのに 角田光代
「愉快」あふれる言葉の数々 川上弘美
白黒羊の夢と宿題 河﨑秋子
ディストピア 岸本佐知子
昭和のサル 黒井千次
粗料理 小泉武夫
インチキ英語の高い壁 小島慶子
人という「灯り」 佐々木幹郎
虚実皮膜の間で苦悩 佐高 信
たしかに… 佐藤雅彦
おばちゃんになりたい 柴崎友香
ホームパーティーの流儀 辛酸なめ子
カイコ当番 杉本真維子
大きな子供 瀬戸内寂聴
毎日写真 鷹野隆大
おばあちゃんと伯母 髙村 薫
隣の人生 滝口悠生
財布を,落とした 谷村志穂
漢字が文化の他者となったとき 張 競
私の部屋は冷蔵庫 柄刀 一
作家になって十年 辻村深月
憧れのエレベーター 津村記久子
言葉の断捨離? 永田 紅
人間渡るべからず 中野京子
独りの味 西村賢太
江戸と東京が混ざる ねじめ正一
大いなる江戸のトイレ事情 畠中 恵
あの戦争を動員学徒として生きた女学生の死 林 京子
華やかな孤高の人 林 真理子
仕立ての良い噺 林家正蔵
明日,何をやった? 藤沢 周
夏に負ける 古井由吉
庶民濃度 穂村 弘
指を触れること。 堀江敏幸
保育園,送り迎え マイケル・エメリック
友よ,やすらかに瞑れ 前田速夫
芥川龍之介への手紙 又吉直樹
ちょっと前はしたのに最近しないこと 町田 康
タレと塩 松木武彦
初めての東京 眉村 卓
昆虫からヒトを知ること 丸山宗利
ロボコップ彷徨 三浦しをん
「よっこいしょ,ふう」厳禁 三谷幸喜
脳内旅疲れ 三浦しをん
大航海時代の地図 宮田珠己
桜酔い 村田喜代子
ぼくらを見守るお月様 モハメド・オマル・アブディン
君の名は 森本あんり
不在を許す心 山極寿一
歌の力,土地の記憶 山下柚実
平信 山本東次郎
南風のかおる地平 吉田 類
規則破り 吉村萬壱
幸せを創る よしもとばなな
頂点は見えない 四方田犬彦
日本語と温泉 リービ英雄
禁則が生み出した世界 若島 正
うろ覚えの脳の不思議 綿矢りさ
関連記事/『ベスト・エッセイ2016』

担当編集者が,本書の魅力をご紹介します。

ご購入のご案内

全国の書店または以下のオンライン書店からご購入いただけます。

※ポップアップで開きます。

※書店によっては取り扱いのない場合がございます。あらかじめご了承ください。