メニュー

英語をめぐる冒険

金原 瑞人

翻訳家・法政大学教授

翻訳家として,大学教授として,日々英語との関わりの中で感じるおもしろさ,難しさを綴ります。

金原瑞人(かねはら・みずひと)

1954年岡山県生まれ。翻訳家,法政大学社会学部教授。法政大学文学部英文学科卒業後,同大学院修了。訳書は児童書,一般書,ノンフィクションなど400点以上。日本にヤングアダルト(Y.A.)というジャンルを紹介。訳書に,ペック著『豚の死なない日』(白水社),ヴォネガット著『国のない男』(NHK出版)など多数。エッセイに,『サリンジャーに,マティーニを教わった』(潮出版社)など。光村図書中学校英語教科書「COLUMBUS 21 ENGLISH COURSE」の編集委員を務める。

第12回 現代の「自由」

2016.02.25

翻訳の話で始まったこのエッセイ,途中から縦書き・横書きの話に飛んで,さらに宣教師の話題が出てきたかと思ったら,教育問題に及んだりと,脱線を重ねてきたが,最後くらいは翻訳の話でしめようと思う。

挿絵,猫と翻訳家

じつはいま,うちの大学で大学憲章を作ろうという話が持ち上がっている。そもそも「憲章」って,なんだよと思う方も多いかもしれない。日常会話ではまず出てこない。話の途中でいきなり「ケンショー」といわれたら,普通は「懸賞・検証・健勝」あたりを連想する。しかし「ダイガクケンショー」といえば,「大学懸賞」ではなく「大学憲章」だ。

「憲章」を『広辞苑』で引くと「重要なおきて,原則的なおきて」とある。

英語ではcharterという。『ランダムハウス英和大辞典』によれば,「(目的や綱領の)宣言(書)」にあたる。

  • the Charter of the United Nations 国際連合憲章
  • the People's Charter 人民憲章

といった感じで使う。

うちの大学も,原点に立ちもどって,大学の意義とか目的を検討し直して,これからの進むべき道を考えよう……という趣旨のもとに,大学憲章を作ることになった。それはとてもよいことだと思う。

そこでまず日本語の憲章ができあがったのだが,次にこれを英語に訳そうということになった。ぼくがその補助役を引き受けて,うちの学部のネイティヴの先生に英語版を作っていただき,ほぼできあがった頃,ひとつ問題が持ち上がった。

憲章のなかに何度か「自由」という言葉が出てきて,英語版ではそれをfreedomと訳した。ところが,大学の広報部から,うちの大学は昔から「自由と進歩」をうたってきていて,その英訳はLiberty and Progressになっている,というのだ。そういえば,明治大学駿河台校舎の中心にあるでっかい建物は「リバティタワー」だ。

たしかに,libertyもfreedomも日本語訳は「自由」だ。この「英語をめぐる冒険」の10回目で,ambitionは「大志」と訳すこともあるし「野望」と訳すこともあると書いたのだが,ちょうどその反対の例だ。

さて,どうする?

やがてネイティヴの先生から返事がきた。

 libertyもfreedomも,どちらもいい意味で使います。しかしふたつの言葉には異なった歴史的背景と,微妙な違いがあります。libertyですが,これは語源はラテン語で,それがフランス語を経て英語になったものです。意味は「強制的な労働,圧政,権力から自由であること」です。一方,freedomですが,これは古英語からきていて,意味は「肉体的,あるいは精神的に拘束されていないこと,政治的支配を受けないこと,旧弊な決まりにとらわれないこと,自由に行動できること」です。
 libertyという言葉は昔,よく使われていたのですが,20世紀初頭からはfreedomという言葉のほうがよく使われるようになりました。フィラデルフィアの「自由の鐘」(1775年),ニューヨークの「自由の女神」(1886年),ウーマンリブ運動(1960年代)などでは,libertyが使われていますが,現代では,rightsとかfreedomという言葉のほうがよく使われるようです。

おもしろかったのは,ネットで調べてみたら,次のサイトで,Google books Ngram Viewer のグラフが紹介されていて,まさにふたつの単語の人気が折れ線グラフで出ていたことだ。

日経Bizアカデミー 実践ビジネス英語Q&A

興味のある方はのぞいてみてほしい。

また,総長からも次のようなメールがきた。

私が気になったのは,憲法の保障する自由がどう英訳されているかでした。
信教の自由,言論の自由,学問の自由はすべてfreedomです。

というわけで,うちの大学の憲章ではこちらを使うことになりそうだ。

蛇足といえば蛇足だが,日本で最初の本格的な英和辞典といわれている『英和対訳袖珍辞書』の第2版(1867年)を引いてみたら,次のようになっていた。

画像,『英和対訳袖珍辞書』

freedom 免許 免シテ受タルコト 自由
liberty 自由 掛リ合ノナキコト

それにしても,もう30年くらい翻訳をやってきているのに,こんな基本的な単語の違いを考えたこともなかったという事実に,ちょっとショックを受けている。

まずいなあ,これは。

というわけで,まずい話で最後の回をしめることにしよう。

本連載は,今回が最終回です。ご愛読,ありがとうございました。

Illustration: Sander Studio