メニュー

教科書の言葉 Q&A

教科書編集部

光村図書出版

教科書にまつわる言葉へのさまざまな疑問について,編集部がお答えします。

第17回 「わかる」と「分かる」の使い分けは?

2016.06.10

Q:「わかる」の漢字表記には,「分かる」「解る」「判る」などがあります。

教科書ではこれらの「わかる」をどのように使い分けていますか。

小学校では「分かる」の漢字表記,中学校では「わかる」と平仮名表記を使っています。

「わかる」という語を国語辞典などで引くと,「事実・内容・意味がはっきり捉えられるようになる」「はっきりしていなかったことに区別がつく」などの意としての「分かる」の他,そこから派生した意味である「理解する」「物事が明らかになる」などの意味で使用する場合には,それぞれ「解る」「判る」などの漢字が当てられています。しかしながら,常用漢字表において,「解」「判」には「わかる」という訓は示されていません。ですから,教科書内で使用できる表記は「わかる」「分かる」の2種類です。この二つを意味の違いによって使い分けることは難しく,中学校では平仮名表記の「わかる」に統一しています。

いっぽう,小学校で「分かる」と漢字表記にしている理由は以下のとおりです。小学校教科書内における「学習した漢字は漢字表記とする」といった,学習上の配慮のための小社の表記ルールによります。「分」という漢字は小学校2年生で学習しますが,『国語』教科書(光村図書平成27年度版)内での初出は2年上巻P72「分かる」です。新出漢字,もしくは新しい読みを学習する際には,脚注欄にその旨を示しています(【例1】参照)。

画像 教科書紙面

【例1】 光村図書小学校『国語』2年上P72

さらに,「分」の訓としてあげられている「わける・わかれる・わかる・わかつ」のうち,「わける」以外の三つの訓は,昭和48年に「当用漢字表」が改訂された際に追加された訓です。当時の文部省では「文部省用字用語例」において,「わかる」の書き表し方として「気持ちが分かる」をあげています。これに基づき,小学校では理解する,判断する意としての「わかる」は漢字表記に統一するといった歴史的経緯もあります。

本来であれば,小・中学校で表記が統一されることが望ましいですが,以上のような理由から異なった表記となっています。

次回は,会話文の「 」(かぎ)の使い方についてお答えします。

目次

【第1回】 「分かち書き」って,なんですか? <2015.03.31>

【第2回】 「友達」は,なぜ漢字で書き表すの? <2015.04.16>

【第3回】 「日付」,それとも,「日付け」? <2015.05.19>

【第4回】 教科書で使われている書体は? <2015.06.15>

【第5回】 「氷」は,「こおり」,それとも「こうり」? <2015.07.16>

【第6回】 小学校では,どれぐらい漢字を勉強するの? <2015.08.04>

【第7回】 「作る」と「造る」の使い分けは? <2015.08.28>

【第8回】 「ひとり」を漢字で書くときは? <2015.09.29>

【第9回】 「器」と「機」の使い分けは? <2015.10.28>

【第10回】 「追求」か? 「追究」か? <2015.11.16>

【第11回】 「木の葉」は「きのは」? それとも「このは」? <2015.12.09>

【第12回】 「一日」は「いちにち」? それとも「ついたち」? <2016.01.15>

【第13回】 「とる」の漢字の使い分けは? <2016.02.15>

【第14回】 漢字の正しい書き方とは? <2016.03.10>

【第15回】 中学校では,どれぐらい漢字を勉強するの? <2016.04.08>

【第16回】 教科書では,「ヶ」を使わないの? <2016.05.17>

【第17回】 「わかる」と「分かる」の使い分けは? <2016.06.10>

【第18回】 会話文の「 」(かぎ)の正しい使い方は? <2016.07.11>

【第19回】 行う,それとも「行なう」? <2016.08.10>

【第20回】 「二十回」は「ニジュッカイ」と読んでいいの? <2016.09.30>

【第21回】 横書きの文章の読点は 「、」? それとも「,」? <2016.11.07>

目次へ